• お問い合せはこちらまで「0120704716」
  • お見積り・お問合わせ

アイリスホームサービススタッフブログ

屋根の防水『ルーフィング材』

ご覧いただきありがとうございます。千葉のリフォーム会社『アイリスホームサービス』の牧野です。

今日は、ルーフィング材についてご説明します。

ルーフィングとは、瓦やスレート、ガルバリウム鋼板など屋根材の下に敷くシート状の防水建材のことです。ルーフィングを敷く目的は防水の一点につきます。多くの方が雨から住宅を守っているのは屋根材と考えていますが、屋根材の役割は見栄えを良くすることです。もちろん小雨程度の雨では、屋根材のみで防水機能は十分に果たせますが、台風、暴風などの横殴りの雨は、簡単に屋根材の隙間から浸入します。このように浸入してきた雨から住宅を守るのはルーフィングの役目です。

よく使われるのが、アスファルトをフェルト状の原紙にしみ込ませ、その両面に鉱物質の粉末を付着させた『アスファルトルーフィング』です。道路のアスファルトと同様に防水機能を発揮します。また、近年使用が増えてきているのがアスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜた『改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)』です。自己接着性があり伸びや曲げに強く、耐久性や収縮性もアスファルトルーフィングと比べて高いのが特徴です。

※当社では改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)を使用し屋根工事を行っております。

ルーフィングは屋根工事が完成すると見えなくなりますが、雨漏り防止には絶対欠かせない建材です。梅雨入り前のこの時期に防水対策をしておくことをおすすめいたします。

当社でも屋根の雨漏れ点検を無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

塗装 屋根・外壁リフォーム 内装リフォーム
株式会社アイリスホームサービス アシスタント 牧野