• お問い合せはこちらまで「0120704716」
  • お見積り・お問合わせ

アイリスホームサービススタッフブログ

台風がきた後の住宅点検

ご覧いただきありがとうございます。千葉のリフォーム会社『アイリスホームサービス』の牧野です。

今日は、台風がきた後にチェックする住宅の点検箇所についてご説明します。

①屋根

台風による最も多い住宅被害は、強風によってスレート屋根やトタン屋根が吹き飛ばされたり剥がれたりしてしまうことです。瓦屋根はそれらに比べると強度がありますが、それでも並びがズレたり浮いてしまうことがあります。その他にも板金を固定する釘が緩んでいないか、漆喰(しっくい)が崩れていないかなど屋根に異常が見られないか徹底的に調べることが必要です。



屋根は住宅の中で最も台風の被害を受ける箇所ですが、高所なため確認が難しく損害の発覚が遅れることがあります。屋根の損害を放置していると該当箇所から雨漏りが発生したり木材が腐ることが考えられます。また、屋根材が不安定な状態であれば今後の台風で近隣住民に被害を与えてしまうこともありますので、台風後は早急に住宅のチェックを行うことをお勧めします。

②外壁

外壁は強い雨風や飛来物の衝突で痛みが発生しやすくなります。些細な隙間から雨水が染みこむ可能性がありますので、特にひび割れがないか、窓枠のコーキングは劣化していないか注意しながら確認することが大切です。

③雨樋


割れやしずみなどの暴風による破損はもちろんですが、落ち葉やゴミが詰まっていないかの確認も大切です。雨どいが正常に機能しなければ雨水の排水が滞ってしまいます。台風に限らず豪雨の際は雨どいの掃除を行うことをお勧めします。

住宅の被害は放っておけば雨漏りを引き起こし、雨漏りが進行すると建物の基礎部分に影響を及ぼします。災害により受けた損害は悪化する前に食い止めることが住宅を長持ちさせる秘訣です。


また、台風による被害は火災保険の風災補償が適用されますので、保険金が下りれば修繕費用をまかなうことも可能です。当社でも住宅の点検を無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 
塗装 屋根・外壁リフォーム 内装リフォーム
株式会社アイリスホームサービス アシスタント 牧野