• お問い合せはこちらまで「0120704716」
  • お見積り・お問合わせ

アイリスホームサービススタッフブログ

外壁材 『サイディング』

ご覧いただきありがとうございます。千葉のリフォーム会社『アイリスホームサービス』の牧野です。

今日は、サイディングの種類と特徴についてご紹介します。

サイディングとは、サイズの決まったパネル状の外壁材のことを示します。大きく分けると次の4つの種類に分かれています。

 

窯業(ようぎょう)系サイディング

yogyo1

窯業サイディングとは、セメントと繊維質や無機物を混ぜて板状に形成し、硬化させた外壁材です。現在では7~8割の住宅が窯業サイディングを使用しています。これだけ多く普及したのは、地震に強い!防耐火性に優れている!デザインが豊富!価格帯が幅広いなどの理由が挙げられます。特にデザインは、シンプルなものから本物のようなタイル調、石積み調など色々な商品があるため、どんな外観にも対応できます。

 

金属系サイディング

kinzoku1

金属系サイディングは、ガルバリウムやアルミニウム、ステンレスの鋼板が使用されたサイディングです。非常に軽量で、建物・躯体への負担が少ないのが特徴です。施工がしやすいため、短期間で美しく仕上がります。窯業サイディングと比べ、長期間メンテナンスの必要が少ないのが大きなメリットです。水分を吸収しない鋼板製の表面のため耐凍害性にも優れているので、寒冷地で使われることが多いです。今までは、窯業サイディングと比べ、デザイン性に劣っていましたが、レンガ調や石積み調などのデザインも出てきており、人気も高まってきています。

 

木質系サイディング(ウッドサイディング)mokushitsu1

木質系サイディングは、天然の木に塗装をして仕上げたサイディングです。そのため、本物の木にしか出ない温かみがあり、木目がデザインになるため、全く同じデザインになることがありません。また、断熱性能に優れています。デメリットとして、木なので水分に弱く、水が貯まったまま乾燥しない日が続くと腐りやすくなる点、小まめなメンテナンスが必要になる点があります。木の種類により耐久性に優れたものもありますが、これらの欠点はあります。また、窯業系サイディングに比べ高いです。

 

樹脂系サイディング(塩化ビニル樹脂)

jushi1


日本ではまだあまり馴染みが薄いサイディングですが、アメリカでは外壁材の50%を越えるシェアを誇る素材です。劣化しにくい材質で、塩害や凍害など耐候性にも優れいます。一番の特徴は、シーリングを使っていないので目地の補修がいらない点です。窯業系サイディングの1/10以下の重さなので、今ある壁の上から取り付けることも可能です。 デメリットは、見た目が少し安っぽい点、カラーバリエーションが少ない点、遮音性が低い点です。

 

サイディングの価格

素材や厚みなどによって価格は様々が、最も代表的な窯業サイディングの参考価格をご紹介します。

●1平米あたりの単価(参考例)
・厚み12mm…2000~7000円
・厚み15mm…5000~8000円
・厚み16mm以上…10000円

 

自分の家にはどんな外壁材が適しているのか、など外壁についてお困りの方もお気軽にご相談ください。

外壁リフォームもアイリスにお任せくださいませ。

塗装 屋根・外壁リフォーム 内装リフォーム
株式会社アイリスホームサービス アシスタント 牧野